So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
メンタル ブログトップ

入院してました [メンタル]

キッチンで倒れてそのまま立ち上がることができずに2日間経過。
3日目にメゾネットの上の階へ、たどり着くことができ、電話で救急車を呼ぶことができました。
そのまま緊急入院でした。
四肢に全く力が入らない状態です。
脳神経外科に運ばれて、MRIで検査しましたが異常なし。
血液検査で判明しました。
カリウム欠乏症だそうです。
カリウムを点滴して歩けるようになると脳外科は退院、内科に転院して再び検査三昧。
甲状腺の異常で起きることがあるらしいけど、異常はなし。
食生活を管理されて食事を取ると様々な数値が通常に戻りました。
しばらく通院です。
入院してるとギター下手くそになりますね。
毎日触っていなくても、ギターを全く触らない数週間があると、指が動かなくなります。
TRIGUNのOP曲『H.T』が弾けませんよ。
『冬もマシンガン』も弾けなくなりました。
また触りまくらなきゃ。

最近はこの曲練習しています。歌詞が可愛くて好きです。


タグ:入院

人に対する恐怖 [メンタル]

友人が食事に誘ってくれたのでついて行った。友人の友達も来るとのこと。罰に大丈夫じゃない?と軽い気持ちで会食となったが、甘かったです。最近ごく親しい友人(2人だけなんだけど)としか会っていなかったので気がつかなかっただけだった。

女性だったんだけど、まともに話すことなんてできなかった。早く食事を終えて帰りたかった。話を振られても伝えることができなかった。というか顔もまともに見れなかったよ。ほんの数時間の間にタバコ空になってしまった。いやきついわ。

もう少し長くかかりそうだ。

そのうち愛と勇気だけが友達になりそうだ。


電話が嫌い [メンタル]

電話が大嫌いです。自分から電話をかけることはほとんどありません。メールはするけど。

以前の仕事はPCメーカーのサポート窓口。ノイローゼになる職場ですね。サポートするのは簡単なんですよ。マニュアル通りの案内。まぁ、知識が人よりあったので簡単といえば簡単でした。ただ日常的に電話をしてくるクレームにならないクレームを言う人、ひっきりなしに電話をかけてくる人、そんな人からの電話が多くてもう最後には電話に出ること、まともに話をすることが出来ませんでした。

会社を辞めてからはその電話がなくなったので気持ちは幾分か落ち着いたのですが、以前いた上司が自分の出社前、昼休み、退社して地下鉄に乗るまで、降りて自宅に着くまで、自宅に着いてから寝るまでの間ひっきりなしに電話をかけてきました。おまけに週末には泊まりに行くことを強制、翌営業日まで拘束。子守のためだけに呼ばれてました。

自分のことが全く何もでいない状態でした。

せっかく気持ちが落ち着き、回復に向かっていたところでまたこんな出来事。もううんざりです。

電話もメールも無視しました。

今はもう平穏です。

やっと眠れるようになりました。

友人に言われました。「嫌なことは嫌と言わないとまた同じことになるよ。」

そうだよね。でもそれができていたら、ウツ病にはならなかったと思うんだ・・・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

生活保護GO!GO! [メンタル]

タイトル下の紹介文にもあるように『ウツ病』にて会社を強制的に退社(事実上クビですが)し現在生活に困窮している状態。入院と言われていたのですが、入院はおろか通院もできない状態。そして日々の生活も・・・・・・

書類をそろえて役所に行き、申請書を提出してきました。今後民生委員とケースワーカーの訪問があるようです。これで生きていくための第1歩が踏み出せました。このままでいたら餓死か自殺していた。

ひとつ肩の荷が軽くなった。

昨夜友人が『Deep Purple』のベストアルバムのスコアをくれるといった。Fのコードで挫折したからギターは弾かないのでと言っていた。もらったら『Burn』を弾いてみようと思う。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

DownThe Lotting Street [メンタル]

効ウツ薬を服用していてもたまにドカンとウツ状態になることがある。今がその状態。

何も手につきません。

気力が働かない状態。

人になんか会いたくないし。電話もメールもわずらわしい。

なんか体も精神も疲れきってしまっている感じ。

やばいよな~

この後、何もかもどうでも良くなって、死にたくなるんだよな~

どうしようどうしようどうしよう・・・・・・

ギターすら弾きたくないもん。

指も動かしたくない。

携帯用コード.JPG

タグ:ウツ病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ウツ病と実社会 [メンタル]

「何かきっかけあったの?」

友人に鬱病を告白した時に言われた。別にきっかけなんて思い当たらないけどな~。発症するまで特に嫌なこととかなかったし、特に思い当たることがない。ある日突然全ての人が恐くなったのだ。自刃行為とか自殺したいな~とかはなかった。そのかわり殺される前にこっちから殺してやるみたいな気持ちが少しあった。やばいかなと思って病院に行くと『鬱病』でした。

しかし『鬱病』というのは非常に厄介だな~と思った。表情や態度に明らかに変化が現れているし、医者の診断書も出ているが理解してもらうことは難しい。友人はその辺を理解してくれたが、会社には理解してもらえなかった。自分は治すために入院等の治療を行おうと思っているのに、それが理解してもらえない。別に病気の内容なんかは理解しなくていいから、事務的に進めてくれるだけでよかったのにそれすらない。特に体育会系の人間が上司なため全く取り合ってもらえない。会社に来れないなら必要ないと言うのだから。

会社にはメンタルヘルスの相談担当もいたし、そうしたケアも行っているようだったが、全くポーズだけだということがわかった。半ばあきらめと軽蔑の気持ちで担当者の話なんて聞く気もしませんでした。

実際会社は自己都合なんだけど、実質クビです。でも会社に行かなくなってから気持ちは少し楽になりました。薬が効いているだけかもしれないけど。早く社会復帰しなくちゃ。

今回の出来事で思ったのは、若い会社はダメだなということ。若いスタッフが多いということは社会経験のない若輩者ばかりの会社ですと言うこと。やはり古参の従業員がいる会社でなくては世の中に対応できないんだろうなと思った。

千里.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メンタル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。